お得・節約 飛行機で海外へ

DMMmobileでスマホ料金6000円節約。安くて速い・固定費を削減のおすすめシム!

投稿日:2017年6月5日 更新日:

1年のうち、日本に居る期間と海外に居る期間が半々になる生活がここ数年続いている。

海外に居る間は現地でシムを契約して使っているので、日本のシムは契約したまま放置ということになり、使ってないのに毎月一定料金が引き落とされている

ドコモ、ソフトバンク等のキャリアは料金が必要以上に高いので当然使用していないが、格安シムと言えどもなるべく節約したいと思い格安シムを改めて調べなおした。

以前に使っていた格安シムのiijmioは電波の速度も問題なく、一か月1100円程と十分安かったが
「1年のほとんどを海外で過ごした場合」を想定してより安い料金でシムを保持できるように、去年からDMMモバイルのシムに変更した。

かれこれ半年以上使用しており海外と日本の行き来生活でも私のニーズをしっかり満たしてくれているので、固定費用はなるべく安く抑えたいという方にもおすすめしたい。 

DMMモバイルで「新規契約手数料3000無料キャンペーン」実施中!

こちらの記事で紹介コードと併せて解説しています。

月額費用がとにかく安い

私は通話に関してはスカイプや050等のアプリを使っているのでシムは通信用のみ。

DMMの1GBプランだと月額480円(税抜)でシムを維持できるので、iiJmioの半額になる計算だ。(SMS使用だと毎月+150円かかります)

もちろん維持だけではなく、日本に居る期間中も問題なく使用できる。
ドコモの回線を使用しているので速度や電波の入りも良好だ。

1GBでできること

こういった通信容量で契約する際にイメージが沸きにくいのが、1GBでどれくらい使えるのかということではないだろうか。

  • 5分間の動画なら約95回分(475分)
  • DMMのトップページを表示するなら約4,339回
  • 300文字のテキストメールなら約20,4800回

このように1GBでも思いのほか十分使用できる。
私は家ではWi-Fiを使用するので外でこれだけ使えたら十分だし、もし容量が足りないと感じたら翌月(翌々月になる場合もある)からプランを変更もできる。

海外・日本どちらでも使えるおすすめスマホ

私も使っており、かつおすすめなのは台湾ブランドのASUS ZenFone3

日本で買ったシムフリー端末はあくまで日本国内でのシムフリーである場合があり、せっかく日本でシムフリーiPhoneを購入して来たのに海外で使えなかったという方もおられるので確実に海外・日本の両方で使える様に平行輸入品を購入した。

海外で端末を使う予定が無い方は、もちろん国内で販売されている端末を購入する方が修理や保証等の点でも便利だと思う。

DMMモバイルでもシムのみの販売や端末とセットでの販売など選ぶことができるので、シムとの相性を悩むのが嫌な方はシムと端末をセットで購入する方が安心だ。

海外から戻ってすぐネット環境がある便利さ

一時期日本でシムを契約するのを止め、家では家のWi-Fiで・外で使いたい場合は駅のWi-Fiなどでなんとか繋いだこともあるがどうにも非常に面倒だった。やはりネット環境が無いのは不便で仕方がない。

海外から戻った時も空港に到着した瞬間日本のシムを挿入すればすぐにスマホを使えるのは本当にありがたい。

空港によってはWi-Fiの範囲が限られていたり弱かったりするので、やはり個人でネット環境を整える事は大事だ。

契約にかかる費用は格安ではない

格安シムといえども新規契約には手数料が3240円(税込み)かかる。

これはどの会社の格安シムを選んでも同じくらいかかってくるので、日本に帰るたびにシム契約するなどという事をしていたら手間・料金どちらをとっても良いことはひとつも無い。

DMMの1GBプランなら先述の通り480円(税抜)なので月々の料金を払ったまま維持している方がよほど手間もかからず、かつ費用も安く上げることが出来る。

DMM以外の格安シムと比較して

DMMモバイルの1GBプランはキャリアのネットスピードと変わらない速度で通信できるプランの中では最も安い。
(DMMのライトプランが料金的には更に安いが通信速度は遅い。)

他に格安を謳っているところはあるので購入時に有名どころと比較はしてみたが、
私はどうにも「使用料に応じて料金が変わる」というシステムが苦手だ。

使用料に応じて料金が変わるようなシムは、ただ保持するだけで全く使わなければDMMより確かに安い。

海外へ行っている間はそれはありがたいが、日本へ戻ってきて使う場合に「今どれくらい使ったかな?」などと気にしてつかうのはとても面倒くさい。なのでそういうシステムのシムは却下。

あとはDMMより微妙に安い料金のところがあったが、そこは通信速度に制限がかかっている遅い通信であれば安いよ、というレベルであったので却下。

そうなると他には選択肢が無くなるので、やはりDMM一択。

最後はイメージの問題

DMMってなんとなくイメージが良くない。まぁとにかく手広くやっている大手である。

しかし大手だからこそ回線をたくさん保有して安く提供してくれるという強みがある。

住所やカードを登録し、毎月の料金を支払うのであれば、聞いたことも無い会社よりはかえって安心できると思う。

そう考えたことで微妙なイメージによる抵抗感も無くなった。
実際、半年使用しているが何の問題も無い。

日本に居ない期間を考えてこのDMMのシムにしたのだが、そういう生活スタイルでなくても素直におすすめできる快適なシムだと感じている。

まだこれからどんどん格安シム業界は変わるのだろうけど、当面はお世話になる予定。

DMMモバイルで「新規契約手数料3000無料キャンペーン」実施中!

こちらの記事で紹介コードと併せて解説しています。

-お得・節約, 飛行機で海外へ
-

Copyright© ばぶじろ.com , 2018 All Rights Reserved.