豆腐メンタル

元セラピストがおすすめ!心が前向き・ほっこりするオラクルカード入門。

投稿日:2018年3月2日 更新日:

私は心理カウンセラーの資格(民間・協会含めて)を持っており、過去に心のケアやセラピー・ヒーリング業界に携わっていたことがあります。

今ではたまーにお客さんとして会話中心のカウンセリングを利用しますが、基本的に小さなケアを日々自分で行う方が断然いいと思っています。

そこで、セルフメンテナンス・自分で自分を癒してあげたい時に便利なオラクルカードの使い方、楽しみ方などをご紹介します。

スピリチュアル好きな方はかなりハマると思いますよ~。

スポンサーリンク

オラクルカードとは?初めての方におすすめの理由。

オラクルカードって何だろう?初めて聞く方もいるかもしれませんね。
占いにも使われるタロットカードに似ているのですが、タロットカードとは枚数や意味付けが大きく異なります。

  • タロットカードは全部で78枚。
    死神や悪魔の絵柄もあり、ちょっと怖い印象を受けるカードが含まれています。
管理人
私自身タロットカードを少し触ったことがあるのですが、重い意味合いのカードが苦手でした。
「死」は「再生」などポジティブな面もあるのですが、どうしても絵柄が頭に残ってしまい気軽に引くものとして使いこなせませんでした。
  • オラクルカードは全44枚。
    カードのコンセプトやテーマは様々ですが、基本的に死神や苦を思わせるようなカードは含まれていません。

希望や幸せ・前を向かせてくれるアドバイスのようなカードで構成されています。

オラクルカードはどのカードを引いても心がちょっと温かくなるような、嬉しくなるような、励まされるようなカードばかり。なので気に入ったカードは手元に置いておきたくなります。

管理人
カード類が初めてというかたにもオラクルカードは馴染みやすく、使いやすいのでおすすめです。

オラクルカードは占いなの?当たるの?

タロット占いのように、オラクルカードを使って占い(リーディング)を行うこともできます。

とはいえ厳密にはタロットのそれとは違いがありますが、一般的に「カードリーディング」というとオラクルカードを使った占いのようなものであることが多いです。

当たるのか?当たらないのか?

については、私自身「占い」の感覚でカードを使うことがほとんどないのでなんとも言えません。が、もし占い的要素を求めるならば、当たるか当たらないかはタロット占いと変わりないと思います。

タロットにしてもオラクルにしても、カードが未来を決める・断定するものではなく、カードが見せたものを受け取って「さぁどうするか?」という実際の行動こそが未来を創ります

管理人
このことから、未来を教えて欲しいというよりも、「アドバイス」「メッセージ」をカードからもらう方が合理的と考えています。

簡単!オラクルカードの使い方

ではカードの使い方です。
まずは1番取り入れやすいカードの引き方をマスターしましょう!

「1枚引き」でプチリーディング

かんたん・シンプルにオラクルカードを楽しめる「1枚引き」。

ステップは5つ。

  1. カードをリセットして
  2. 質問を決めて
  3. カードを混ぜて
  4. 1枚選んで
  5. メッセージを受け取る

これだけ。
ではもうちょっと詳しく手順を解説します。

1:新しいカード・新しい質問を始める前にカードをリセット

オラクルカードの使い方

利き手でない方の手でカードをまとめて持ち、もう片方の手で「コンコン」と2回だけカードをノックします。
これにより、カードがリセットされます。

2:カードに聞きたいことを決める

オラクルカードの使い方

カードにどんなことを訪ねたいのか?を1つだけ明確にして、心の中でカードに尋ねます。

  • 彼とは今後どうしたらいいんだろう?
  • 明日は大事な試合。どういう気持ちで臨んだらいい?
  • なんとなく将来が不安。何かアドバイスちょうだい!

などなど、質問を明確にすればするほどその答えもより明確になります

占い的に「未来を予測」するような質問よりは「自分はどうするべきか?」「どうあるべきか?」を尋ねる方がおすすめです。

管理人
逆に、「何でもいいから今一番必要なメッセージくださーい!」という超お気軽な気持ちでカードを引くこともあります。「自分が何を知りたいか」さえ明確にできていればOK!

3:カードをシャッフル

オラクルカードの使い方

カードをきります。
オラクルカードはトランプよりも大きく紙も厚いので、手に余ってしまってシャッフルが難しければテーブルに置いてわしゃわしゃと混ぜてもOK。

いずれにしても、「よく混ざったゾ」と自分で思えるくらいしっかりシャッフルしてください。

管理人
2番目で決めた質問を頭に浮かべながらシャッフルするとより良いです

4:カードを選ぶ

オラクルカードの使い方

シャッフルしたカードを集めたら、いよいよ「カードを1枚」選びます。

深く考える必要はありません。
なんとなくピンときた・これにしよう!と気軽な気持ちで1枚手に取ってください。

その際、カードを取る手は利き手でない方で取りましょう。

5:選んだカードを見て、メッセージを受け取る

オラクルカードの使い方

オラクルカードには解説本がついていることがほとんどです。
引いたカードの解説を読んで、さらにカードの絵柄を眺めてみて、「自分がどういう気持ちになっているか、何を感じているか」に注意を向けてみてください。

オラクルカードのメッセージがわからない場合

カードを引いて解説も読んだけど、よくわからない。

絵を見てもイマイチ何も感じられない。

そういう場合もあるかもしれません。

カードを使ったメッセージの受け取り方は人それぞれ。
何も説明しなくてもたくさんの言葉をインスピレーションで受け取る方もいれば、ぽわーんとした言葉にならない感覚のようなものを得る方もいます

はっきりとした言葉に変えることは難しくても、「ほっとする」「なんか嬉しいな」のように心に直接響く場合もあります。

「受け取れない」「わからない」と難しく考えすぎず、子供のような気持でカードを見て「可愛い」「キレイ!」「この絵、好きだな♪」というところから自分の気持ちを感じてみるのもオススメです。

管理人
どうもしっくり来ない場合はデッキ(カードの種類)を変えてみるのも気分が変わって良いですよ。
ぜひお気に入りのカードを探してみてください

カードはいつ引けばいいの?

朝でも夜でも、いつでもあなたが引きたいと思った時で大丈夫です。

気分をリフレッシュしたい時・自分の気持ちが見えにくい時など、なんとなくカードに手が伸びたらそれがタイミングです。

友達にも!オラクルカードの楽しみかた色々

先ほどは1枚引きをご紹介しましたが

  • もうちょっと雰囲気出して楽しみたい
  • 自分にだけじゃなく、人にもやってみたい

などなど、色々なオラクルカードの楽しみ方をご紹介します。

ちょっと本格的!な「3枚引き」

カードを引く時、3枚引いてみましょう。

オラクルカードの使い方

  • 3枚並べてメッセージを受け取る。

例えば、3枚のうち2枚が「休息」を思わせるようなカードだったり、3枚ともが情熱的な赤いイメージのカードだったり、または3枚とも全くバラバラな雰囲気を持つ場合もあります。

あなたの質問に対しどんなアドバイスが来るのか?
3枚並べることで、より色濃く感じることが出来ます。

1枚引きに慣れてきた方におすすめです。

  • 過去・現在・未来を並べる

タロットカードでも使われる並べ方です。
左から過去・現在・未来とカードを並べ、質問に関するものごとの時系列を客観的に眺めます。

過去にこうだったから現在はこういう感じで、未来はこうなる傾向があるよ。
といった感じに受け取ることができます。

この3枚を踏まえて、「じゃあどうすれば?」というアドバイスカードをもう1枚引いてみるのもオススメです。

管理人
カードは未来を決めるものではありません。あなたの行動によってどのようにも変わるということが大前提です。

天使にカードを選んでもらう

オラクルカードの遊び方

身近に幼い子供や赤ちゃんがいる場合、ぜひその子にカードを選んでもらってください。

カードに尋ねたいことはあなた自身の頭の中にしっかり浮かべておけば、どのカードを選ぶかは天使である幼い子にお任せ。

カードの端がちょっと折れてしまっても、2・3枚取ってしまっても細かいことは気にしない。
その子が選んでくれたカードが、あなたに必要なメッセージカードです。

友達とリーディングし合う

1枚引きでする工程の全てを友達にしてもらうのも楽しいですよ。

つまり

  • カードのシャッフル
  • カードを選ぶ
  • メッセージを読む

の全てを友達にお任せするのです。
あなたはお客さん気分でわくわく待つだけ。

同じカードでも人によって受け取る印象や感覚が違うので、いつもと一味違ったメッセージを楽しめますよ。

お互いに初めてでも大丈夫!結構きゃっきゃと盛り上がります。

色も気にしてみよう

カードを引いた時、そのカードに主に使われている色や、あなたが気になった色がある場合

その色のアイテムを身に着けるのもおすすめです。

黄色いカードを引いたなら黄色いハンカチや服を選んでみたり、緑を引いたならスマホの待ち受けを森林の写真に変えてみたり・・・などなど

カードを片付けたあともメッセージを無意識に思い出せるように、色を利用してみましょう。

エッセンシャルオイルを活用する

「色」を利用するのと同じ要領で、「色」と「香り」を関連付けてみましょう。

例えば

引いたカードがピンクだったら、ローズのエッセンシャルオイルを炊いてみる青だったなら、ペパーミント・・・のように、カードから受けたその感覚を保っておくためにエッセンシャルオイルを使ってみるという方法です。

管理人
色とエッセンシャルオイルの関連性は色んな考えや説があるので、難しいことは気にせず、黄色と言えば・・・レモン!のように気軽な気持ちでオイルを選んでみてください

また、カードを引く時にエッセンシャルオイルを炊くとより雰囲気が出て楽しいです。

セージを炊いてみる

ネイティブアメリカンが浄化をする際に使っていたといわれるセージの葉。

セージの葉を燻(いぶ)した煙にカードや石を潜らせて、たまに浄化をしてあげると「儀式」感があってよりカードに愛着が沸きます。

管理人
セージで浄化・・・はしなくても良い行程です。
ただ、やってみると意外と楽しい&それっぽい雰囲気がかなり出る!ので貝殻とセットで買ってしまいます。

家族に怪しまれない程度のさりげなさでインテリアとして部屋に置くとオシャレ。

オラクルカードの注意点

オラクルカードは、あなたの隣にちょんと寄り添って、客観的にあなたが自分でも気づいていない心の奥を映し出してくれるものです。

あなたに何らかの指示をするものでもないし、未来をズバリ断定するアイテムでもありません。

あくまで「あなた」がメインで、ちょっとした補足をカードにしてもらうようなイメージです。

「カードからこんなメッセージを受け取ったから」
「こんなリーディングをされたから」

自分を縛ってしまっては元も子もありません

管理人
何のカードを引いたのか忘れちゃってもいい♪くらいな気軽さでカードを使うことは、カードとの健全な関係性を保つためにも大切です。

オラクルカード、おすすめはこの3つ!

オラクルカードにはたくさんの種類がありすぎて、どれがいいかなー?と悩みませんか?

たくさんのオラクルカードを手に取って・触ってきた管理人のお気に入り、おすすめベスト3をご紹介します!

1位:エンジェリック*ウイスパーオラクルカード

オラクルカードは美しい絵画のような繊細な絵柄が多いですが、もう少し軽快な雰囲気で、それでいて温かみのあるカードが欲しくて探していたところ見つけたこのカード。

一目ぼれして、即購入。

今でも私の一番のカードです。

絵柄がふんわりしていて「占い」「スピリチュアル」といった要素をあまり感じさせないので、皆で楽しくカード占い♪みたいな空気で使えるのもポイント。

とにかく可愛いです。

2位:マジカルフェアリーオラクルカード

カードと言えば!というほど絶大な人気を誇る、ドーリンバーチューのオラクルカード。

フェアリー=妖精のシリーズ。

幼い妖精さんたちがとても可愛く、色合いもとてもきれいなカードなので見ていて引き込まれます。

過去に人生の2択で「どうしよう?」と悩んでいた時、何気なく引いたたった1枚のこのフェアリーカードに「うきうきとした気持ち」をもらって、とても前向きな気持ちで海外へ飛び出すことを決めました。

フェアリーカードは私にとって、日常使いのカードというよりは、もう少し特別な意味を持つカードです。

3位:ロマンスエンジェルオラクルカード

とってもロマンチックなこのカードは表紙の通り、恋愛のあれこれについてメッセージをくれるカードです。

恋になやめる女性がお守り代わりに手元に置いておいたり、恋はしていないけどカードを見て素敵な恋愛をイメージしたい!という時などに使える、恋愛専用の頼れる存在

どの絵もうっとりするような柄で、眺めているだけで素敵な気分になりますよ。

番外:日本の神様カード

私個人のアンテナには引っかからなかったのですが、私が業界にいた当時からとても人気が高かったカードです。

日本の神様の個性的なイラストが他のオラクルカードとは全く違う雰囲気を醸しており、天使・愛・キラキラが苦手な方にもおすすめ。

この日本の神様カードを使った占いをしていただいたことがあり、その際かなり明確にピシっとしたアドバイスをいただいたのが印象的でした。

オラクルカードのある日常

使い方や受け取り方に変な縛りはありません。思うままに楽しんで使ってみてください。

1つのカードだけをがっつり使い込んでもよし・色んなカードを気分で使い分けるもよし。

自分の考えに縛られて身動きが取れなくなっている時にも、ふっと別角度から新しい視点をくれたり、肩の力を抜くヒントをくれますよ。

カードを引いて、感じて、あとはどう行動するか!です。

ぜひ日常に取り入れてみてください♪

-豆腐メンタル
-

Copyright© ばぶじろ.com , 2018 All Rights Reserved.