飛行機で海外へ

サンダルのストラップが取れた!接着剤で自分で修理した結果とその方法。

投稿日:

せっかく買ったサンダルが足に馴染んできた頃に、いきなりスポンとストラップが抜けてしまいました。

サンダルのストラップ修理を接着剤で

タイの百貨店で、600円くらいで買ったサンダル。

安物だからかな~

買い替えた方が早いな~

とか色々考えましたが、歩きやすいサンダルだったので、ちょっと自分で修理してみることにしました。

シンプルに、ストラップを接着剤で止める

どう見てもストラップは切れたわけではなく、ぴたっと挟まっていたものがスポンと抜けたご様子。

ならば、しっかり接着することさえできれば元に戻るんじゃないの?と考えて、コンビニで接着剤を買ってきました。

サンダルのストラップ修理を接着剤で

買ってきたのはこれ。ドイツのPattexなるメーカーのボンドです。

パッケージに靴の絵がかいてあるし、マルチ素材対応とのこと。

瞬間接着剤か?時間を置くタイプの接着剤か?

コンビニには瞬間接着剤も売っていました。

しかし、瞬間接着剤は力のかかる部分や水濡れをする部分には適切でないという記憶があったため、却下。

そこで、↑の画像の接着剤を選びました。

塗布後10分~15分ほど乾かしてから貼り合わせるタイプです。

ストラップの接着方法

どうやってくっつけたのか?というと、ボンドの使用方法にざっくりのっとって使いました。

  1. まず、外れたストラップをボンド無しで挿入してみて、深さを確認する
  2. ストラップの汚れをささっととる(本当はしっかり汚れをふき取った方が良い)
  3. 必要な面積にのみ、ボンドを塗布(両面)
  4. 念のため、ストラップの差込口からもボンドを内部に注入(これは正しいかどうか微妙)
  5. 10分放置(ボンドによって時間は異なります)
  6. 時間が来たら、ストラップを元の穴に押し込む
  7. 念のため、ストラップの穴の入り口にもボンドを薄く塗布(高いサンダルの場合、万が一ボンドが目立ったら嫌なので非推奨)
  8. 24時間放置(ボンドによって異なる)

※⑤の段階では、規定時間を守って貼り付けた方がいいいようです。ただし➃で注入したボンドが固くなってストラップが入れにくくなる可能性もあるので、そこは様子を見てください。

意外としっかり直りました

念のため24時間以上放置して、「また外れても仕方がない」という前提で恐るおそるはいてみたところ

意外としっかり直っています。

現在すでに修理後2週間近く経過しており、週のうち3・4日は履いてます。

1時間近く連続でずかずか歩くこともあるのに全く平気なのが頼もしい。

 

私が今回使ったpattexは日本ではあまり出回ってないのかAmazonでかなり高値でした。

ゴム系接着剤なら同じ種類なので、似た感覚で使えるのではないでしょうか?ご参考までに。

※靴の素材やパーツの形によっても接着強度は変わると思いますので、ボンドの選定は個人の判断でお願いいたします。

-飛行機で海外へ

Copyright© ばぶじろ.com , 2018 All Rights Reserved.