・ヘナ/ハーブシャンプー

ヘナでトリートメントしてみました。くせ毛への効果と使い方。

投稿日:2017年10月19日 更新日:

先日、久しぶりのハーブシャンプーがかなり気持ちよかったという記事を書きました。

その勢いでもって今度はヘナトリートメントに着手。

まだ1回目なので気が早いかもしれませんが、一晩経った髪の様子とヘナトリートメントの手順などを備忘録として。

使用したヘナと道具・手順

私は一応まだ白髪は無いようなので、インディゴ等が入っていないノーマルのヘナを使用しました。

カラー目的ではなくトリートメントとしてのヘナの手順を書いてゆきます。

事前準備

ヘナは油分を吸着する作用があるらしいので、ヘナをする前にオイルで頭皮や髪に油分を与えた方が良いそうです。

また痛んだ髪にヘナが入り込みすぎて髪がバシバシごわごわになることもあるようなので(これがヘナショック?)、ヘナの作用を緩和する目的でもオイルで髪に適度に油分を与えるそうです。

ただ絶対の行程ではないので、自分の髪や頭皮の具合を見て決めるのがベスト。

私は

  • 自分の髪が乾燥しやすい癖毛であること
  • 肩下ロングなので毛先に傷みがあること
  • 季節がら肌も髪も乾燥していること
  • 初めてなので様子を見ながらやってみたい

等の理由からオイルを取り入れました。

各ヘナメーカーさんおすすめのオイルがありますが、とりあえず手持ちのものを使用。
コディナ CODINA アルガンオイルは種や実のような自然の優しい香りがするので好きです。

ヘナを塗る3,4時間前くらいに大さじ1杯分くらいのオイルを頭皮中心に塗って、軽くマッサージしました。
頭皮がオレンジに染まるのを緩和してくれる作用もあるようです。

必要なもの

ヘナトリートメントで使うもの

ヘナトリートメントで使った物です。

ヘナ本体は、香る髪でお世話になってるマハラニさんのヘナを使用。

ハケは使わず手でおおざっぱに塗っていくので手ぶくろ必須です。
手にフィットするビニールタイプがおすすめ。

あとは汚れてもいい脱ぎやすい服と、床を汚さないように足元に新聞も広げました。

他には50度くらいのお湯とヘナを混ぜるボウル、塗布後の放置タイムに乾燥を防ぐためのシャワーキャップやラップさえあればOKです。

ヘナ粉を溶く。

ヘナ粉の重量の4倍前後のぬるま湯でヘナを溶いてゆきます。

ダマができやすいと聞いていましたが、私も見事ダマがたくさんできました。
泡立て器でひたすらぐるぐる混ぜる混ぜる。

マハラニさんのヘナは混ぜるとムチムチしたテクスチャに変化。匂いもヘナの良い香りです。

一般的なカラー剤は鼻をつくような刺激臭なので、美容師時代は1日何回も混ぜてると頭痛になることもしばしばありました。

ヘナ粉を溶いてるだけでも、このナチュラルな草感には癒されます。

手順

身支度準備(脱ぎやすい服・汚れてもいい服)
  ↓
ヘナをぬるま湯で溶く
  ↓
 塗布
  ↓
ラップで密閉して30分~1時間放置
  ↓
シャンプー無しでよーく流す

※流したあともオレンジ色の汁が出るのでタオルに色が付きます。
 洗えばすぐ取れますが、ヘナ後数日色移りなどに注意が必要です。

手順は至って簡単ですが、一番大変なのは塗布の行程。
鏡を見ながら自分でベタベタ塗っている間に、腕や顔に髪が落ちて体に色がついてしまったり。

根元から毛先まで一気に塗ろうとせずに、根元を先に塗ってしまって中間~毛先は後で、のように段取りした方が良いと思いました。

ちなみにヘナの使用量、ミドル~ロングは100g目安と見たので100g溶きましたが、かなり余ってしまいました・・・もったいない・・・

毛量にもよりますが、私の場合は60~70gくらいで十分だったと思われます。

追記:後日2回目を行ったところ、ヘナ粉50gで十分足りました。(肩下のセミロング)

ヘナ後の仕上がりは

さて肝心の髪の仕上がりはといいますと・・・

その前に私のもともとの髪はこんなんです。

軟毛ではないですが、普通毛の範囲内でやや細いです。

癖もあるので髪がふわふわ浮いて、全体にうねりつつ浮く、そして毛先はやたらと丸まっているような髪。

フェイスライン、こめかみあたりの癖は特に強いです。
髪全体のストパーは10年ほど前からしていませんが、前髪ストパーだけは今でもたまに自分でしています。

硬毛・直毛とは真逆の髪質ですね・・・

さてではヘナ後の髪はといいますと。

ヘナトリートメント後の髪

どうですか?ほとんど変化なし・・・という訳ではありません。

自己満足の世界な変化かもしれませんが、先ずは全体的に髪が落ち着いたのを感じました。

表面の細い毛がふわふわ浮いて、ツヤの無い汚い見た目だったのがちょっとマシに。

髪がふわふわ浮かないので髪の面が整って、昨晩ドライヤーで髪を乾かした後は特にツヤツヤな見た目になっていました。
天使の輪がくっきりはっきり。

あとは、触った感じだと前髪が一番コシが出てなんだかしゃきっとしています。
ふにゃふにゃ頼りなく曲がってたのが、妙にしゃきっと。

それ以外は特に変わらないです。

ヘナのトリートメントは1回でツルサラ!みたいな売りではないので予想通りといえばそうなのかもです。
とりあえず3パック買っているので3回やって様子を見てみる予定。

その後 ヘナでトリートメント3回終えました

...追記...

さきほど、毎日顔を合わせている人から「あれっ髪切った?なんか髪が落ち着いてる」と言われました。

自己満足だけじゃなく、ヘナでちょっと髪が大人しくなってるみたいです。

...追記ここまで......

ヘナで髪・頭皮が染まる?

ヘナにはオレンジ色の色素があるので、染めたくなくてもどうしても少しは染まってしまいます。

ベースが黒髪だとそれほどオレンジ色素が入っているのはわかりませんが、確かにうーっすらとは色がわかる程度には染まります。

私は元の毛が真っ黒というほど黒くもなく、また赤みの無いブラウン系の髪なのでなんとなく色が変わったのはわかりました。

ただ香る髪を集中的に使っていた時も同じように髪が赤っぽくなっていたので、ヘナを使うと多かれ少なかれ避けようがない部分なのかなと思います。

また、お肌や頭皮に関しては、昨日のトリートメントで部分的にオレンジに染まっていました。

塗る前にオイルで保護はしたものの、やっぱり多少皮膚についた部分が染まってしまいます。
数日で消えると思うので特に気になりませんが、ヘアスタイルがオールバックの方などは特に顔周りは気になるかもです。

ヘナを塗布後、肌にはみ出したヘナだけを早めにぬぐい取ってあげるといいかなと思います。

頭皮の染まりは気にしないことにしています 笑

ヘナトリートメントまとめ

今回のトリートメントで大幅に何かが改善したわけではありませんが、うっすらコシのある仕上がりになった点だけをとっても嬉しいです。

特にデメリットが見当たらず、長い目でみて髪や頭皮の環境改善になると思えば今後もぜひ取り入れていきたいくらい気に入っています♪

髪の様子をみながら、気長に続けていく所存です。

-・ヘナ/ハーブシャンプー

Copyright© ばぶじろ.com , 2018 All Rights Reserved.