・海外

【エアアジア】ホットシートの広さ・機内食についてレポする。

投稿日:2017年6月9日 更新日:

エアアジア・プレミアムフレックスで搭乗するメリット、感想について書いた先日の記事に続き、今回はホットシートのメリットやエアアジアの機内食についてご紹介しよう。

関連 【エアアジア】プレミアムフレックスで乗ったのでそのメリットと必要ないケースを考察した。

スポンサーリンク

PCアドセンス

ホットシートの広さ

エアアジアのサイトではホットシートはスタンダードシートよりも「足元が広い」と書かれている。

↓最前列がホットシート。

私が今回乗った感覚でも、横の幅感は特にスタンダードと違いを感じなかったが
確かに足元は広かった。

スタンダードシートとホットシートは広さがどれくらい違うのかは公式には書かれていないので具体的には分からないが、「ホットシートって広いなぁ~」とかなり明確に感じられる。

ホットシートの足元

なんとクワイエットゾーン内のホットシートに座った客は私だけ。右も左も誰も座る人がおらず、非常に気が楽だった。

2列目以降は狭い

同じクワイエットゾーン内であっても2列目以降は足元は普通に狭い。
↑は2列目の座席です。明らかに足元の間隔が違う。

せっかくクワイエットゾーンの料金を払うのだから、あと1000円くらい足してホットシートにすればかなり快適に過ごせるのではないだろうか。

ホットシートに座るメリット

上記のように「足元が広い」というのがホットシートのメリットであるのに加え、
自動的に優先搭乗の権利が付いてくる。

優先的に機内に乗りこめたからと言って早く目的地に着くわけではないのでそれほどのメリットとは正直感じない。

しかし実際に優先的に機内に入ってみると

  • チケットを見せるために搭乗前にずらっとカウンターに並ぶ必要はないし
  • 機内に入っても空いているので上の荷物入れにカバンを収納する際後ろの人がつかえていて焦ることがない。

そういう細かいところが楽だと感じた。

逆に言えば、足元が広い以外にとりたてて目立つメリットはそれほど無い。

ホットシートの気分的な広さ

↓赤色の席がホットシート。

赤色がホットシートの席

今回クワイエットゾーン(静音座席)のホットシートにしことで感じたことは、スタンダードシートの空間に比べて人口密度が明らかに低いということだ。

スタンダードよりは料金がかなり上がってしまうためか、実際私の横も真後ろも誰も座っていなかった。

人口密度が低いととても気が楽である。もぞもぞ身動きが取りやすいし、疲れたらうーんと足を延ばしたり上体のストレッチもできる。
隣の人がこんと当たって目が覚めてしまうこともない。

実際の座席そのもののサイズよりも空間をより広く感じることができる

壁を隔てて前方にあったプレミアムフラットベッドの席はさすがにもっと広そう↓。

ちらりと見えるプレミアムな空間

6時間のフライトならわざわざ横になるほどでも無い気もするが、より快適なのは羨ましい。

エアアジアの機内食

プレミアムフレックスに含まれるもののうちの1つが機内食だ。

オプションで購入したとしても600円~1000円とまぁそれほど高くない。

和風や洋風・エスニックなものなどがありそれなりに選択肢があるのが嬉しい。

事前に予約することで水も一本無料でついてくる。

私が頼んだのがチキンビリヤニ。控えめな辛さがついており、味も濃すぎず薄すぎず。

美味しいかと言われると少し困るが、お腹がすいていたら十分美味しくいただけるだろう。

空の上でも温かいご飯がいただけるのはやっぱり嬉しい。

まとめ

ホットシートの良いところを探していた方にはそれほどイイヨ!とお勧めするでもない情報となってしまったが、飛行機での移動は前後も併せて結構疲れるものである。

せっかくのLCC航空でむやみに追加料金を払うのも悩ましいと思うので、
自分のプランと相談しながら機会があればまたホットシートを利用していきたい。

関連【エアアジア】プレミアムフレックスで乗ったのでそのメリットと必要ないケースを考察した。

PCアドセンス

PCアドセンス

-・海外

Copyright© ばぶじろ.com , 2018 All Rights Reserved.